前へ
次へ

家庭脱毛器使用前に体毛を短く剃っておくこと

家庭脱毛器はムダ毛が長いままでは使用できないため、使う前に体毛を短く剃る必要があります。
肌の表面に毛が伸びている状態だと、長い毛に光が反応をして、やけどのリスクが上がるためです。
体毛が長いことで本来ターゲットにする、毛の根元の組織に光が行き渡りにくくなります。
ムダ毛を無くしたい部分の毛をシェービングしておき、肌の表面には毛が伸びていない状態にすることです。
皮膚にシェービングで傷をつけないように、クリームやシェービングフォームを使うとスムーズに剃ることができます。
脱毛をはじめたら出来るだけ早くツルツルになりたいと誰もが考えますが、家庭脱毛器でのお手入れは一定の間隔をあけて行うことです。
業務用とは違いパワーも弱い家庭用マシンではあるものの、毛を成長させる組織へのダメージはしっかりとあります。
もしも早く完了をしたいために毎日同じ部位に照射をすると、毛根ではなく肌の方が負担になってしまうため、肌が弱くなる可能性を高めるばかりです。
肌は健康な状態でムダ毛を減らすためにも、毛周期などお手入れサイクルを守るようにします。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

家庭脱毛器はあくまでも一般の人が研修も資格もなく、誰でも安心して使えるレベルですので、レーザーを選んでも比較的穏やかです。
美容クリニックでの医療レーザー脱毛や、エステサロンの光脱毛との違いは、マシン自体のサイズやパワーなどであり、業務用か一般の美容家電製品かの差になります。
とはいえやはり業務用の脱毛器は出力設定が高くできるので、1回ごとの施術での脱毛効果もそれだけ大きいです。
気軽に使える家庭用は、ゆっくりと穏やかに体毛を減らすことができます。
毎月の生理でホルモンバランスも心身のコンディションも左右されるのが女子ですが、家庭脱毛器を使うタイミングは月経ゾーンを避けるようにします。
生理期間は心身ともに調子が乱れやすくなり、脱毛をした時にも肌に刺激を感じやすいためです。
いつもは平気でも痛みを強く感じたり、肌に赤みが強く出るなど肌のトラブルを起こすこともあります。
生理が終わればホルモンもまた整うので、ベストなコンディションになったら脱毛をはじめることです。

Page Top