前へ
次へ

家庭脱毛を行うときにやりづらい部分

手軽に誰にも知られずに、快適に脱毛できるのが家庭脱毛器のいいところですが、デメリットがあります。
必ずしもすぐに効果を実感できるわけではないところと、無駄毛の処理をしづらいパーツがあることです。
一般的に背中やうなじなどは自分ひとりでは処理しにくいため、誰かにやってもらうことが必要となります。
ただし、鏡を使って行う分には一人でやっても問題ありません。
目の保護を的確に行ったうえで脱毛を行うことによって、綺麗に背中やうなじに対する除毛が完了するでしょう。
ただし、デリケートゾーンや背中やうなじなどは、肌トラブルが発生したときに対処するのが遅れがちです。
肌に違和感を覚えたらすぐに冷やす程度である程度の負担を低減できますが、遅れてしまうと色素沈着や肌に傷跡を残してしまうトラブルを引き起こしかねません。
そのため、家庭脱毛を行うときはできるだけ少しずつ処理を行い、終了後違和感を覚えたらすぐにやめて冷やすか医療機関を受診しましょう。

Page Top