ふくらはぎの痩せ方【厄介な脂肪をなんとかするには?】

ふくらはぎ痩せ方脂肪

ふくらはぎが太く見えてしまう理由は色々とありますが、その一つは脂肪が原因で太く見えてしまうことですよね。ふくらはぎの脂肪太りの人の痩せ方はどのようにすれば解消するのでしょうか?

 

ふくらはぎの脂肪は気になるけれど痩せ方がわからない部分の一つですよね。理想のふくらはぎを手にいれる為の痩せ方を調べてみましたので参考にして下さいね。

 

ふくらはぎの脂肪は怖く無い

 

ふくらはぎが太く見える理由の一つに脂肪があります。実はふくらはぎを構成しているのは80%が筋肉で残りのたった20%が脂肪なのです。そして通常は中々脂肪がつきにくい部位なのですが、ちょっと前よりプルプルして太くなったかなと感じたら脂肪が増えている証拠です。

 

ふくらはぎの脂肪はそのままほったらかしにしておくと実はあの頑固なセルライトとなってしまう可能性が大きいのです。セルライトになってしまうと治し方も違うし厄介になってくるので脂肪がついたかな?と感じたら早め早めの対策が必要なのですよ。

 

そもそもふくらはぎは筋肉の塊に近いので実は脂肪がついてもちょっとした工夫で脂肪が落としやすい部位でもあるのです。だからちょっと脂肪でふくらはぎが太く見えるくらいなら確実に細くする事は可能なので諦めずに頑張りましょう。

 

程よい筋肉をつけましょう

 

ふくらはぎがたるんでいる感じで太く見える人の原因は脂肪なのです。脂肪が原因だとなんとなくメリハリの無いふくらはぎに見えてしまいますよね。脂肪が溜まってしまうのは脂肪燃焼が不足しているという事で筋肉が不足している証拠なのです。

 

脂肪で太く見えてしまっているふくらはぎの人は、程よく筋肉をつけて脂肪燃焼を促進する事が大事なのです。その簡単なエクササイズは手を壁などについてこれがもう限界だと思えるくらい踵をあげて爪先立ちをします。そしてその状態で5秒キープします。終わったら踵を下げて5秒おやすみ、これを毎日10セット続けてみて下さいね。

 

ポイントは程よく筋肉をつける事なので過度に本気でトレーニングを行うと逆に筋骨隆々の筋肉ふくらはぎになってしまうので気をつけて下さいね。踵が無いスリッパを履いて 家の中で生活するのも効果があるので試してみるといいですよ。

 

履くだけで脂肪燃焼?

 

ところでふくらはぎに脂肪がつくのはなぜなのでしょうか?これは体全体の脂肪がつくプロセスと同じで脂肪燃焼力が関係しています。どうしても年を重ねたり、運動不足から筋肉量は減ってしまいます。要は日々運動習慣が無い人は確実に筋肉量が減ってしまうという事です。

 

そして筋肉量が減ると代謝ができにくくなり脂肪燃焼が行われにくくなってしまうので脂肪は体内に蓄積していくという事になるのです。これが、ふくらはぎが脂肪で太く見えてしまうプロセスなのです。

 

簡単な解決策は日々ふくらはぎの運動をすればいいのですが、これが続くくらいならきっと今の状態になっていないはずですよね。そんな時履くだけで運動効果と同じストッキングがあったら嬉しくないですか?ビキャクイーンは倖田來未さんが開発した着圧ストッキングで履いているだけで程よい筋肉をつけて脂肪燃焼効果を高めてくれるみたいですよ。

 

履くだけで脂肪燃焼効果のビキャクイーン、始めるならお得なこちらからどうぞ!