ふくらはぎの痩せ方について【歩き方次第で変わる!?】

ふくらはぎ痩せ方歩き方

ふくらはぎを細くしたい、と言っても辛く厳しいダイエットは中々続かないし、そうかと言って効果のある痩せ方はわからないですよね。実はふくらはぎが細くならない理由には歩き方もあるようですよ。ふくらはぎの痩せ方として歩き方にポイントがあるのならばぜひ試してみたいですね。細いふくらはぎを手に入れる痩せ方を調べて見ましたので参考にして見てくださいね。

 

ウォーキングだけでは細くならない

 

ダイエットを始めると皆さん初めに行うのは手頃な事もありウォーキングを始める事が多いですよね。ある程度続けていけば体脂肪も減少し、すらっとした体形が近づいてきますよね。でもちょっと待って下さい。その時にはふくらはぎの筋肉は盛り上がってムキムキ状態になっていないですか?

 

ふくらはぎは元々脂肪が少ないところなので歩く事によって基本的には筋肉が発達して太くなっていってしまうのです。これは歩く事で上半身は体脂肪の燃焼効果で痩せていきますが、下半身は逆に脂肪自体が少ないので筋肉が発達してしまうという作用がウォーキングでは働いてしまうのです。

 

折角ダイエットをしようと思っても足だけが太くなってしまうのでは理想の姿からはかけ離れてしまいますよね。細い足を手に入れる為にはその為の正しい歩き方を身につける事が必要なのです。

 

間違った歩き方とは?

 

ふくらはぎが筋肉で太くなってしまう間違った歩き方とはどのようなものなのでしょうか?これは筋肉を発達させる為にはいいのですが、足を細くしたい時には気をつけなければいけない歩き方なのです。

 

その間違った歩き方とはウォーキングをするとついつい普段より早く歩こうとしてしまいますが、その時に自然と起こるのが足首の伸展で地面を蹴るような歩き方をしてしまうのです。この歩き方を繰り返し行うと足首の曲げ伸ばし運動がふくらはぎの筋肉に負荷をかける事になるので結果筋肉が発達してしまうのです。

 

ふくらはぎを細くする為の正しい歩き方とはこの足首の曲げ伸ばしを意識的に使わないようにしてふくらはぎに対する負担を減らす歩き方をする必要があるのです。この歩き方はモデルウォークにも通じる部分があり、意識しないでも自然とできるようになるまで継続していく事が大事なのです。

 

歩き方が身についたら相棒が必要

 

正しい歩き方が身についてくるとだんだんとふくらはぎは細くなっていきます。しかし筋肉をつけないようにしているのでもう一つ気になる事が出てきます。それはふくらはぎの筋肉が元々持っている血液やリンパを循環させる為のポンプとしての役割が充分かどうかなのです。

 

この機能が衰えてしまうと血液循環が悪くなり、リンパの流れも滞留してしまうのでいわゆるふくらはぎのむくみという状態になってしまうのです。そのままほっておいたら今度はむくみでふくらはぎが太くなってしまうのです。

 

むくみ解消の為には筋肉をつけるか、マッサージを行なってあげる事が必要なのですが、筋肉をつけたら太くなってしまうのでマッサージを行う習慣が大事となってきます。しかし日々のことだと大変ですよね。そこでお勧めなのが着圧ストッキングのビキャクイーンなのです。このビキャクイーンは履くだけで常にマッサージ効果があると言われているのでモデル脚を手に入れる為の相棒にバッチリですよね。

 

正しい歩き方を身につけてモデル脚を手にいれるなら相棒にビキャクイーンをどうぞ!